2007年10月02日

shuttle SS21T グラフィックボード取り付け

新ブログに書こうと思ったのですが、記事のまとまりを考えて、あえて旧ブログに書きます。

Shuttle SS21-TのオンボードGVAは貧弱です。普通に使っている分ならいいんですが、TempGencとかで画面を表示させながら、録画したり、動画を見たりすると飛びます。動画再生も不安定。
Shuttle SS21-Tではローエンドのでもいいからグラフィックカードをいれるべきです。

ShuttleSS21-Tに玄人志向のGF7300GT-E256H/EXというグラフィックボードを買ってきて取り付けました。T-zoneDIYショップで7160円。
このボードはローエンドのGeforce7300GTを使っていながら、高クロックで、コア500MHz、メモリクロック1.0GHz、DDR3(128bit)メモリで256MBとクロックだけならGeforce7600GSなみの性能です。

このカードを取り付けてから、動画再生も安定しているし、TempGencで画像を表示させながら録画や動画の再生をしているが安定しています。

関連記事
グラフィックボード増設
Cool'n Quietについて
パッシブダクト
Shuttle SS21-T
今日の買い物(Athlon61 X2 4800+)
CPUグリス
posted by しゃる at 22:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PC/PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
懸賞サイトChance It!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。